Search this site
『りーでぃんぐばぐず』に関するもろもろ
<< 【司書虫】歴女のレイン | TOP | さらば図書室 >>
会田誠と文学フリマ

この日文学フリマに行く予定だった私に都合良く会田誠展のお誘いも入り、
どうせならと2件を3人でまわることになりました。

はじめに森美術館の会田誠へ。
作品は見た事のあるものものから無いものまで。。
とにかく…この人は思いついたものは片っ端から全力で作り上げなければ
気がすまないんだなと。。。そんな印象です(笑)
圧倒的なテクニック、まちがいなく天才。
でもタイトルは「天才なのにごめんなさい」ってするべきだww。

ほんとに素敵です。
最後のカーテンで仕切られた部屋はエログロです。
出て来る人がみな渋い含み笑いのようななんとも言えない複雑な表情で出てきます。
そこんところも鑑賞のひとつです。
隅々まで気を抜く事無くご鑑賞いただきたい。


あ、2カ所ほど写真撮影が可能なものがあったので、そのひとつを。。

おにぎり仮面です。
観たときは気付かなかったけれど、
こいつ自分の出したウ●コの上に座っていたのだね。


で、ランチはタン塩定食。
(汚く感じるのはなぜ?)


流通センターの文学フリマへ。
こちらは、私がちょっと覗いてみたかったのでふたりを道連れにした感じ。
コミケの文学バージョンとでも言うのだろうか。

今話題の作家さんたちもこういうところで活動していたと聞いたので、
未来の芥川賞直木賞作家に出会えるかも〜〜と期待しましたが、
そんな人を見つけるのは到底不可能な混沌っぷりでした。
肥えた読者なら片っ端から冊子を購入して読み倒したら
見つけることができるかもしれませんねー。(肥えた読者?ww)
私たちはお金がないのでそんな事はしませんで、雰囲気を楽しんだだけなのでした。



**

埼玉の展示があと数日。
虫たちがもどったらサイトのID ページの更新をせねば〜〜。



posted by yazawanko | 10:20 | art & event | comments(0) | trackbacks(0) |
コメント
コメントする










この記事のトラックバックURL
http://b-magazine.readingbugs.jp/trackback/97
トラックバック