Search this site
『りーでぃんぐばぐず』に関するもろもろ
<< フリーペーパー | TOP | 終了しました。 >>
小学校図書ラウンジ『秋』
 
息子たちの通う小学校の図書ラウンジを秋の装いにしました。

実際、この長い虫にまさに芋虫柄を描いてしまったのは迂闊でした。
アンデルセン公園での展示中、
「う〜〜〜ん、これはちょっと……駄目かもww」
という感想が多く、そこで初めて気がついた私ってどうなんでしょう。

しかし、それを知ったうえで、この長い本の虫を飾りながら
「ふっふっふ、泣き叫べ、ちびっこども…」
と呟きながら飾った私は鬼です(笑)

他にアクリルケース入り。


文豪シリーズ。
三島の顔のぞきもありますが、(9月4日の写真参照)
小学生に三島はわかるはずもありません。

「あ、三島だ〜」
なんて子どもがいたら早熟すぎです。




低学年は低めの棚で。



まだ本が置かれてないのでちょっと寂しいですね。
来月の半ばからはどかんとクリスマスにしましょう。
あ、その前にハロウィーンのかぼちゃをどかんと置いておこうかな。



もうすぐおしまい↓
*********************************
*********************************



posted by yazawanko | 10:32 | 雑記 | comments(2) | trackbacks(0) |
コメント
別名でコメしようと思いましたが、この名前で。

文豪シリーズは、丸善になかったのでこちらに登場したのですね。
こちらは実際の本とのコラボもあったりでいいですねぇ。
見えるのは、はやみねかおるさんの『都会のトムソーヤ』じゃないですか。
ミステリ好きとしては、小学生に触れて欲しい作家さんです。


小学生は、芋虫だろうが、ミミズだろうが、蛇だろうが
長いものは意外と好きだと思いますよ。
足がたくさんあるのは嫌いますが。

そうそう、購入させていたポストカードはトップ絵のやつですね。
ちょっと数学の本が写っていますので。
2012/10/03 21:36 by enmys07
enmys07さん

2学期のおススメは、先生達が小さい頃に読んだ本と聞いていたのですが、並んでいたのは全然違うものでした(笑)

小学生、けっこう虫駄目な子多いんですよ。
甲虫の幼虫触れない男子もいます。
残念ですね〜〜。
2012/10/04 10:05 by yazawanko
コメントする










この記事のトラックバックURL
http://b-magazine.readingbugs.jp/trackback/89
トラックバック