Search this site
『りーでぃんぐばぐず』に関するもろもろ
<< 『読みすぎ人へ~ReadingBugs展~』 | TOP | 搬入しましたよ >>
ReadingBugs「読みすぎ人へ」展 Art+Craft Gallery 蚕室

本を読みすぎてちょっとおかしな事になってしまっている(笑)私の友人知人、
そして同じような本の虫の人々へ、ありったけの愛をこめて今年最後の展示をいたします。

場所は東京西荻窪、Art+Craft Gallery 蚕室(さんしつ)にて。
10月31日(木)〜11月10日(日)。

ここは、私の友人でもあるozzyこと小沢典子が店主をつとめており、
彼女が長年の夢をかなえてOPENした想いのつまったギャラリーです。



彼女と出会ったのは20年ほど前になります。
webで見つけた彼女の抽象画に魅かれ、個展会場に足を運んだのが出会いでした。
その頃のozzyはまだ若く、小さな幼い女の子のようにすら見えて、
なのに作品はとても力強く静かで深い森の中で遠くの滝の音を聞くような感覚のものでした。
抽象画なので似たような作風のものはたまに見かけますが、受ける印象はまるで違います。
あとから知るところによれば、彼女の実家は武蔵野に何代も続く専業農家で
自然や古い農機具だとか、そういうものと暮らして来たというので、
繊細な感覚を持っていたであろう少女がこのような環境で育てば…うーん、なるほどなと思ったものです。
こういうのは体の一部になってしまうので、他の人が得ようと思っても得られるものではないです。
また描いて欲しいなあと、彼女のファンとして願っております。

そして、このギャラリーの名前「蚕室(さんしつ)」も
彼女の実家の庭先に実際にあった蚕室の思い出からつけられています。

あれから、幼い女の子と思っていたozzyはwebディレクターとしてがんがん働き、
ガラスも吹き、店主としてプロデューサー的な才能も発揮し、なんだかいろんな意味で、
でっかくでっかく逞しく育ってくれちゃいました。

8月からはじまり、過去の展示をみていただければわかるように、
ozzyがこだわった素晴らしい作家さんが続いています。。。
私が6人目になります。。。。
ほんとにいいのか、私で。。。。。。

駄洒落のようなこのキャラクターで。。。
読書家にしかわかってもらえないこのキャラクターで。。。

というわけで、本の虫の方にはぜひ足を運んでいただけたらと思います。


************************************
ReadingBugs「読みすぎ人へ」展 

Art+Craft Gallery 蚕室
2013年10月31日(木)〜11月10日(日) 
12:00-19:00 (金・土 20:00) 最終日17:00 休廊/11月5日・6日

************************************






 
posted by yazawanko | 09:38 | information | comments(0) | trackbacks(0) |
コメント
コメントする










この記事のトラックバックURL
http://b-magazine.readingbugs.jp/trackback/129
トラックバック