Search this site
『りーでぃんぐばぐず』に関するもろもろ
<< 夏のワークショップ | TOP | 『読みすぎ人へ~ReadingBugs展~』 >>
『旅の本屋のまど』さん
 

西荻窪の本屋さんに虫がお邪魔いたしました。
虫たちが覗いているのは

『あたらしい野宿』かとうちあき

あたらしい野宿というからには古い野宿もあるのだろうか。
ちょっと気になる。


さて。
この本屋さんはというと。。。


じゃじゃん。
旅の本を専門においている『旅の本屋のまど』さんです。

棚は国ごとにぎっしり。




懐かしい。私もちょっとだけ旅にでたことあります。。
小さなリュックひとつでヨーロッパまわりました。
帰ってきたら両足に水虫がぎっしりできちゃいました。
靴履きっぱなしだったからなんだけど、どこで菌もらったかなあ(笑)
あ、今はもう水虫ないですよ。昔の話。

うちには息子がふたりいるけれど、彼らには若いうちにぜひ世界をまわってほしいと思う。
まだ中1と小6なので、とりあえず庭で野宿の練習ですね。。



奥の方にはこういうのもあります。
他の本屋さんでは見ないものがたくさん。
新鮮です。

さらに奥には旅に出られないとぼやきながらも、大好きな旅の本に埋もれ
ちょっぴり幸せそうな店主さんが静かに旅人をお待ちしております。


忙しくてなかなか旅に出られない方も、ここで空想旅行してみてはいかがでしょうか。
きっと素敵な旅ができますよ。


**

ここ西荻窪を訪れた一番の理由は、
駅から数分のところに、友人ozzyの長年の夢だったギャラリーがOPENしたからなのです。
小さなこじんまりとしたスペースには、ozzyの愛情がたっぷり注がれてて
とても素敵な空間となっています。
ギャラリーの名は『蚕室』
「さんしつ」と読みます。
おカイコさんのお部屋のように、ここでozzyは夢を紡ぐのでしょう。

このギャラリーについては、また次回くわしくアップしたいと思います。








posted by yazawanko | 13:16 | 雑記 | comments(2) | trackbacks(0) |
コメント
この写真のカード、ほんとに素敵でした!
ギャラリーには行けず残念だったけど、このまま部屋に飾って楽しませてもらいまーす!(^-^)♪♪
2013/11/17 23:05 by ふぅこ
ふぅこさん

ありがとうございまーす。
はからずも色がレトロっぽくていい感じでした!
2013/11/19 11:29 by yazawanko
コメントする










この記事のトラックバックURL
http://b-magazine.readingbugs.jp/trackback/127
トラックバック