Search this site
『りーでぃんぐばぐず』に関するもろもろ
<< 愛される図書室 | TOP | 『紙ワンダーランド』 >>
ドイツからの便り
 

ドイツのカッセルに滞在しているケコ虫から素敵なCD情報。
実にわたし好みの声とサウンド。

彼はMilky Chanceというアーティスト。
ここにyoutubeを残念ながら貼付けられないので、とんでくれたもれ。


これは自主レーベルからの初めてのCDだそうです。
どうよ、この寝癖。
うちの次男なみの河童ぶりだぜ!

早速ケコ虫にCDを送ってもらうようにお願いした、
到着が楽しみだ。


さて、ケコ虫。

本の話題よりもアート活動とドイツの優雅な生活についての
羨ましい情報ばっかりだ。

 

箸置き?
まさかな!


おい、ほんとに楽しそうだな!

ちっ!


今はこうして元気な姿ですが、去年のドイツ旅行では浮かれすぎて
満身創痍で帰国しました。
手足はもげ、頭は陥没。

町医者では治療できず、大手術となりました。
そのときの手術模様。



手足をすべて根っこから掘り出しました。
実はこの手足、簡単に抜けないように細工がしてあるのです。
だから掘ってすこんと抜けるわけではなく、
気をつけて出さないと中から崩壊してしまう恐れがあるんですよ。

そんなわけで慎重に手足を抜き出し、移植に成功。

顔まで塗り替えちゃうと表情かわって別人になってしまうので
ちょっと汚いけど、できるかぎりいじらずに化粧なおし。
衣装も地味にチェンジしました。

背中の羽の文章も、これまでは日本語でしたが、
海外に行く事がおおいケコ虫なので横文字に差し変えてあります。

これであちらの方々も「Oh! Bookなーのねー」とわかりやすくなったことでしょう。


次はないよ、と言っておいたにもかかわらず、
すでにもう手足を曲げ曲げして遊んでるってどういうこと?!www






posted by yazawanko | 15:31 | リアル本の虫 | comments(0) | trackbacks(0) |
コメント
コメントする










この記事のトラックバックURL
http://b-magazine.readingbugs.jp/trackback/117
トラックバック